« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月23日 (水)

2013-10-20 紅陵祭にて

(文:中国語学科教員 関口美幸)

 1018日から20日まで八王子校舎で紅陵祭がおこなわれました

中国語学科の学生は何をやっているのか、ちょっと国際村の屋台を覗いてみましょう

 

  まずは自分の関口ゼミから


Dscn1825  Dscn1826

 

雑然とした感じがうちのゼミらしいです。メインは「バナナミルク」ですが、私が学生全員の反対を押し切って「マーボーミルク」を販売。1日目は6杯しか売れませんでしたが、3日間トータルで34杯を完売し、何とかノルマ達成。来年は「マーボースープ」に名前を変えようっと。

  

  ゼミなので、もちろん、展示も出しました。というか、本当はこちらがメインです。


Dscn1822  Dscn1824



 

こちらは真剣に取り組みましたよ。今年のテーマは「文化大革命」です。各自調べたことを模造紙1枚にまとめて展示しました。そのほか、当時の服装なども展示しました。

 

 お客さんが少なかったのが少し残念!

 

 

 関口ゼミの屋台から少し先にあったのが「インド・パキスタン研究会」の屋台

Dscn1827

今年も去年に引き続きカレーでした。おいしかったので、二日連続で食べちゃいました。変わらぬ伝統の味、いいですね~ 少人数でがんばっています。

 

 

Dscn1837

「インパキ」は展示もカレーについてでした。カレー一色で徹底しています。

 

 「インパキ」から少し行ったところに「中国語会話愛好会」の屋台。こちらも去年と同様、タピオカミルクティーを売っていました。

 

Dscn1828

結構儲かっているようですね。1日目は材料がなくなって完売。3日目はあいにくの雨で寒かったので、ホットの抹茶ミルクも売っていましたね。「中愛」はタピオカで定着のようです。

 

 

 次が「中国研究会」の屋台

 Dscn1829

今年は「あんかけやきそば」。中研は毎年工夫が見られますね。餡がとろっとしておいしかったです。

 

 

中研は展示も頑張っていました。




Dscn1836Dscn1843


今年は、工夫茶(コンフーチャ)の実演もありましたし、チャイナドレスの試着コーナーなど盛りだくさん。もう少し痩せていたら、試着したんだけど…女の子たちのチャイナドレス姿がとても可愛かったです。

 

 

その先の「マレーシアの友」にも中国語学科の学生がいるようですよ。

 

誰かと思ったら、4年生の八野くんでした。



Dscn1839

マレーシアの留学生が本格マレーシア料理を作っていました。ナンもおいしかったし、スープもおいしかったです。

 

 

最後は国際交流研究会。毎年定番の小龍包(シャオロンパオ)以外にも色々売っていました。アジアからの留学生が大勢会員になっているようです。

Dscn1840

 

      いやー、もうおなか一杯

     大満足の国際屋台村でした!

 

中国語学科で紅陵祭に参加した人はぜひ、ブログに投稿してくださいね。

 

 

2013年10月12日 (土)

2013-10-12 中国語検定対策インタビュー

【文:一年 長岡佑治】

 

長かった今年の夏休みも終わり、後期の授業がいよいよ始まりました。

私、長岡佑治にとっては初めての夏休みを一言で表現すると、

 

 

很忙

 

 

ですね。

ああ、中国語ってなんて素敵な言葉だと思いませんか?

 


たんに日本語で


”忙しい”


って表現するより、はるかに新鮮味を感じませんか?

 

え、なんでそんなに自分の夏休みは忙しかったかって?

 

 

決まってるじゃないか

 

 

 

中国語検定対策でだよ

そうです。

 

後期はいよいよ待ちに待った中国語検定があるじゃありませんか。

皆さんも頑張って勉強していると思います。

 

そこで私、拓殖大学中国語学科一年長岡佑治は少しでも皆さんが勉強しやすいように

 

中国語検定対策インタビューをしてまいりました。

 

 

✩3年男子

Q 現在何級?

 

A 3級です

 

Q 今までどんな勉強をしてきましたか?

A 教科書をしっかり音読して、問題集などを買って勉強すると効果的です。

 

 過去問などをするともっと効果的です。

 

Q 4年間の最終目標は?

A 準1級です。

 

 Q これから中国語検定を受験する人へ一言

A あせらず、たゆまず、勉強すれば合格できる。

 

✩永江先生

Q 勉強するにあたって過去問がいいのか、文法がいいのか?

 

A ある程度のレベルに達しないと過去問は効果的ではありません。

 

  例えば、中国語を習い始めた人が中国語検定1級の過去問をしても効果は薄いです。

 

 

 Q おすすめの参考書

 

A 『Why?にこたえるはじめての中国語の文法書



Q おすすめの勉強法

A 3級までなら教科書を完璧にしましょう。

 

 2級以上は自分で参考書を買わないと厳しいです。

 

    四字成語、慣用表現などがあるからです。

 

 

Q これから中国語検定を受験する人に一言

 

A 毎日コツコツすれば必ず合格できます。

 

どうでしょうか、皆さん。参考になりましたか?

 

やっぱり何事においてもそうですが、毎日コツコツする事が一番大事です。

 


それでは皆さんのご健闘をお祈りします。

 

« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »