« 2013-7-4 2013年度台湾大学生研修団の拓殖大学訪問(交流活動実施) | トップページ | 2013-8-25 オープンキャンパスin八王子 »

2013年7月20日 (土)

2013-7-22留学生紹介 北方工業大学 朴曼純(パクマンジュン)さん

(文:関口美幸)

 

北方工業大学から1年間の予定で拓大に留学中の朴曼純(パクマンジュン)さんにお得意のヌンキャク(中国語では「双節棍」)の技を披露してもらいました。パクさんは北方工業大学の「武術協会(会員約150人)」で活躍するカンフーの達人です。

 



Dscn1635_5








 

パクさんに日本での留学生活についてインタビューしてみました。

 

 

関口:日本の印象は、日本に来る前と後では変わりましたか?

 

 

パク:変わった点もあるし、変わらなかった点もあります。変わった点は、日本に来る前には、日本人について特にイメージはなかったのですが、日本に来て日本人の優しさに触れたことです。例えば、スーパーの店員さんのサービスなどはとてもいいですね。日本の印象で日本に来る前と来た後で変わらなかったのは、日本はきれいだということです。

 

 

関口:日本に来て一番勉強になったことは何ですか?

 

 

パク:去年の11月に外国語学部主催のスピーチコンテストがあったのですが、そのときに留学生が自分の出身学校のことを日本語で発表する機会がありました。大勢の人の前で日本語で発表したので、緊張もしましたが、いい勉強になったと思います。また、そのときにもヌンチャクの型を披露しました。

Dscn1634

    Dscn1636_3Dscn1637_5

 

関口:一番楽しかったことは何ですか?

 

パク:楽しかったことはいっぱいありますが、強いて一つあげれば、留学生仲間と一緒に江ノ島に行ったことです。

 

 

 

 

関口:最後に将来の夢を聞かせてください。

パク:もし、機会があれば、大学卒業後、また日本に戻って大学院に行きたいです。

 

 

パクさん、留学生の皆さん

日本の思い出を糧に帰国後様々な分野でご活躍することをお祈りします!!

再見!!

 

 

« 2013-7-4 2013年度台湾大学生研修団の拓殖大学訪問(交流活動実施) | トップページ | 2013-8-25 オープンキャンパスin八王子 »

留学生紹介(4)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2013-7-4 2013年度台湾大学生研修団の拓殖大学訪問(交流活動実施) | トップページ | 2013-8-25 オープンキャンパスin八王子 »