« 2012-6-18 中国語圏紹介! マレーシア | トップページ | 2012-6-30 長期留学プログラム紹介 東呉大学 »

2012年6月22日 (金)

2012-6-22 北方工業大学長期留学体験談 4年 渋佐篤

【4年 渋佐篤】

  252697_374754625913490_158048166_n みなさん、こんにちは!!拓殖大学外国語学部中国語学科4年の渋佐篤と申します。私は2010年8月から20113月までの約8ヵ月間中国の北京へ長期留学に参加をしました。これから私の留学体験談と少し就職活動アドバイスをお伝えできればなと思います。

まず初めに軽く、短いですが、私のこれまでの中国語人生をお伝えします(笑)

中学2年生の時に埼玉県上尾市の姉妹都市中国・杭州へ派遣中学生として中国へ初めて行く。そこで、中国のスケールの大きさ、全てに衝撃を受け、中国に興味を持つ。高校で中国語を学べる高校へ進学。高校3年間中国語を専門に勉強。そして大学でも引き続き中国語を専門に学び、大学2年の夏に中国・北京へ留学を経験。現在に至る。

 

なぜ留学?

私がなぜ留学に行ったかというと、それには理由が2つありました。1つ目に、中国語を話せるようになりたかったからです。高校の3年間中国語を勉強してきた私ですが、読み書きは有る程度出来ていたのですが、肝心の話す、聞くという力はなく、このまま日本で中国語を勉強していても話せるようにはならない!と思い、留学に行きました。2つ目に、将来何かしら中国語を使った職業に就きたいと思ったからです。そのためには、教科書では学べない、中国の姿をこの目で見て、感じ、生活をして中国を知らなくてはいけないなと思ったからです。この上記2つが留学に行こうと思った理由です。

303673_374753765913576_867920583_n

実際に行ってみて

 初めから挫折

私は中国語を勉強してすでに五年が経っていたのである程度は話せるだろうと思っていました。しかし、実際はそう簡単ではありませんでした。中国人が何を言っているのかも分からず、食べたい物、飲みたい物ですら言葉が出ず全く伝えることができませんでした。あの時は、「今まで自分は何してきたのか?」と自分に対して腹立たしく、悔しかったのは今でも鮮明に覚えています。

599206_374754072580212_754553551_n

 

 中国語が上達

私は、中国語能力を伸ばすために、ただ日本人と一緒に居ても意味はないと思い、中国人の友達を作り、毎日のように一緒に遊びました。
そんな時、学校の日本語サークルに参加し、その時にできた中国人の友人が私が中国語を毎回話すたびに丁寧に直してくれ、徐々に中国語を話せるようになってきました。また、その友人への感謝の気持ちも私の中国語を話せるようになりたいという原動力となりました。その結果、八か月後には日常会話以上の中国語を話すことができるようになっていました。

533353_374754175913535_544940177_n

 

 語学だけじゃない!

556207_374753909246895_1551842089_n 実際中国で学んだのは語学だけではありませんでした。私たちが住んでいた宿舎は外国人留学生寮でたくさんの外国人が共に暮らしていました。なので、必然と多くの国々の人と友達になりました。その中では楽しい思い出もたくさんありましたが、時には文化の違いで喧嘩してしまったり、それぞれの国の習慣の違いで対立などもよくありました。しかし今ではこういうことがあったからこそ、他国の文化を知ることが出来、異文化を肌で感じられたのだと思います。また、私は本来中国人に対してあまり良いイメージが無くどうしても日本に居た時は好きにはなれませんでした。しかし、実際たくさんの中国人と触れて今ではその考えは180度変わりました私が出会った中国人は皆親切で、何事もはっきりと物事を伝えてくれ、素直な方がたくさんでした。そこで私は、今までの気持ちはすべて自分で作り上げていた偏見だったことに気づかされました。やはりその国のことを知るにはその国に行かなければ本質は知れないことが分かりました。

 

 他国から見た日本

 179977_374754379246848_1280251880_n 留学を通じて徐々に中国の良さに気付いていくと共に、自分の母国である日本に対しての考えも変わってきました。今まで、日本でずっと暮らしてきたので、私にとっては日本の生活が当たり前でした。しかし、留学をしたことによって日本の豊かな生活が当たり前ではないということに気がつきました。また、日本にあって中国にないものが数え切れないほど多い事に気がつきました。それは、物質的な部分もありますが、それだけではありませんでした。

日本の道、建物、空気のきれいさなど、インフラの素晴らしさ、日本人の礼儀・マナーの素晴らしさ、日本人の優しさ、繊細さの素晴らしさ、日本食のおいしさ、日本人のファッションの素晴らしさなど日本に居ては気がつかない多くの日本の良さに気がつくことができました。それと共に、日本人しての誇りの様なものも自分の中で生まれました。このことは私にとっては大きな財産となりました。

 

 最後に

550827_374754095913543_1239765137_n 私は中国に留学をしたおかげで大切なことを学べ、自分自身を大きく一回り成長させてもらえました。結果的に、自分の価値観を改める良い機会となり、留学に行って本当に良かったと思います。また、留学で知りあえた中国人とは留学から2年経った今でも連絡を取り合っており、最高の友達も作ることができました。留学では12鳥になるだけではなく、15鳥にも10鳥にもなります。100鳥にもなります(笑)素晴らしいことに、拓殖大学は他の大学より留学制度が充実していて、やる気が有る人ならばどんどんと制度を使うことが出来ます。

是非、在校生の留学を経験していない後輩、拓大の中国語学科に入ろうか悩んでいる方々は拓大の留学制度を通じて刺激的な、そして充実した楽しい学生生活を送ってみてはいかがでしょうか?

 

就活アドバイス

私は今大学4年生ということもあり、後輩の方々に就職活動のアドバイスが少しでもこの場で出来ればなと思います。正直、アドバイスなんて出来るほどの人間では無いのですが、私の微々たる経験の中から少しでも後輩の役に立つことがあればなと思うので書かせて頂きます。

私は5月に機械専門商社から内定を頂きました。この会社はグローバル展開に力を入れている会社で、小型から大型の機械を国内から海外まで幅広く提供していく会社です。もちろん中国にも支社があり、将来中国で働くことを視野に入れてこの会社を受けました。

私が会社探しの軸にしていたのは、昔からの夢である中国や海外で働くということです。なので、就職先も海外進出している会社しか受けませんでした。また、就職活動に関しては人生に関わることなので、本気で臨みました。そのため、就職活動を始める前に多くの先輩方の成功談、失敗談を聞きました。だいたい15名ほどだったと思います。その先輩方がおっしゃっていたことは大体共通部分が多く、それを自分の就職活動に全てを入れ込みました。

昨今は就職が困難と言われているため、普通の人と同じ行動、同じことをしていては希望の企業へ就職をすることは難しいのではないかなと私は思います。なので、3年生の方々は今のうちから準備をしておくのをお勧めします。グータラしていてはもったいないです!

肝心なアドバイスですが、話したいことが無駄に多いため、全てを箇条書きにしたいと思います(笑)

準備編

 自己分析は3年のうちから始める。自己分析に終わりはなく、就活中はずっと自分と向い合い、自分という人間を常に知ろうとする。

 自分が1,5,10,30,50年先どうしていたいかを本気で考えて、人生プランを立てる。(アバウトでもOK!)

 むやみに多くの会社にエントリーしない。一つ一つの会社をしっかりと見る。

 SPIは2年から3年のうちに仕上げておく。

 本をたくさん読む。新聞は当たり前。

 良き先輩の経験談をとにかくたくさん聞いて取り入れる。

 中国語をやるなら本気でやる。英語もやれると完璧。

 大学生活ではどんなことでもいいから一つや二つは本気で取り組んだことを作る。(留学、バイト、ボランティア、勉強など)

実践編

 面接は自分を知ってもらうところ。だから嘘はつかない。自分を偽らない。面接で自分を偽ってもすぐにばれる。ありのままの自分で堂々と。

 笑顔、声の大きさ、あいさつ、感謝の気持ち。この4つは本当の本当の本当に大切!

 話すより聞くことに力を入れる。

 常に自分磨き。本を読む。新聞を読む。人間力を高め続ける。

 やり方より、自分のあり方が大切。(飾らない)

 とにかく根拠がなくてもいいから自信を持つ!

 

545556_374754219246864_636853815_n 私の経験から言えることは以上です。なんか、偉そうで申し訳ないです。箇条書きなので意味が分からないところや、は?こんなこと?と思う方もいらっしゃると思いますが、素直に実践してみれば分かると思います。上記のことで無駄なことなど一切ありません。分からないことがある場合や、細かいことなどは是非、質問してください。いつでもウェルカムです(笑)拓大には優しく、心強い先輩方がたくさんいます!!安心してなんでも相談してほしいです!

最後に一言、私は、就活はあくまで人生の通り道だと考えています。内定をもらうための就活ではなく、自分の将来の夢や、先を見据えた就職活動を後輩の方々にはしてほしいなと心から願っています。

留学経験談、就職アドバイスと偉そうに長々と書いてしまいましたが、最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

168806_374754475913505_202080276_n179104_374754449246841_739639083_n180215_374754292580190_1112112309_n283741_374754132580206_1052215604_n481160_374754032580216_90421607_n481277_374754515913501_1032837723_n525899_374753959246890_1623241132_n532804_374754592580160_1297648730_n533438_374754542580165_947074307_n543362_374753859246900_390242732_n545042_374753792580240_1283863983_n547342_374753989246887_44088166_n552869_374754362580183_563499017_n

« 2012-6-18 中国語圏紹介! マレーシア | トップページ | 2012-6-30 長期留学プログラム紹介 東呉大学 »

留学体験談(14)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012-6-22 北方工業大学長期留学体験談 4年 渋佐篤:

« 2012-6-18 中国語圏紹介! マレーシア | トップページ | 2012-6-30 長期留学プログラム紹介 東呉大学 »