« 2012-4-30 教員紹介! 蔡雲凌先生 | トップページ | 2012-5-7 東呉大学留学体験 3年 高橋拓也 »

2012年5月 3日 (木)

2012-5-3 東呉大学長期留学体験談 3年 石井新之介

【3年 石井新之介】  

549267_346774185378201_100001368684 初めまして。中国語学科3年の石井新之介です。今回は僕が2011年8月5日から2012年3月21日まで参加した東呉大学台湾長期研修について書かせてもらいます。
 授業は拓殖大学の特設クラス「華語班」で行い、東呉大学の日本語学科の先生が授業を担当されます。先生は授業中基本的に中国語しか話しませんが、分からない部分があった場合は日本語で教えてくれます。しかし僕達は語学力向上のために授業中に一切日本語を使わず、先生が日本語で話しかけても全て中国語で返事をしました。華語班の中国語の授業は大体朝の10時10分~夕方17時20分まであります。授業の内容は結構多彩で面白かったです。リスニングの授業では台湾の音楽を聴く他、映画を見たりしました。時事中国語の授業では台湾の新聞を読みながら授業をし、中国語だけでなく台湾の最新事情まで知ることが出来ました。また、商用中国語の授業にて1度旅行会社で課外授業を受けたこともあり、非常に楽しく実りのある授業でした。

「方言と交流」
535647_346774612044825_100001368684 台湾には様々な民族と言語があります。国の公用語は中国語ですが、この他にも代表的な方言に台湾語、客家語、先住民の言語があり、電車のアナウンスも中国語、台湾語、客家語、英語の4カ国語で流れるという、日本ではない光景です。ほとんどの台湾人は台湾語と中国語の両方を使い分けられるバイリンガルです。学校では中国語を使い、家で家族や親戚と話す時は台湾語を使う人がたくさんいます。しゃべれない人でも聞き取りは完璧に出来ます。南部に行くほど台湾語を使う率が高く、台北ではあまり台湾語は使いません。台湾に来て3カ月位も経つと段々中国語も使えるようになってくるので、僕はせっかく台湾に来たのだから方言も少しくらいは覚えておこうと思いました。幸い僕達が住んでいた寮には台湾語をよく使う桃園、台中、台南出身の生徒がたくさんいたので、暇な時間を見つけて彼らに簡単な台湾語の挨拶を教えてもらいました。別の日に台湾人の友達に台湾語を使って挨拶をした時、「すごい、台湾語!」と言ってかなり嬉しそうな様子でした。  
578774_346773992044887_100001368684 授業でも先生に台湾語を使って「ありがとうございます(多謝(ドーシャ))」「すみません(歹勢(パイセイ))」と言うと嬉しそうに笑っていました。学校 の中だけでなく、台北の街の中でも台湾語を時々聞くことが出来ます。台北の若者はあまり台湾語を使いませんが、年配の方々はよく台湾語を使います。僕も台 北の夜市に買い物に行った時に屋台の人に台湾語を使ったら結構喜んでいました。ですから公用語が中国語でも台湾語がすごく重要なものだということが分か り、自分も台湾語も理解できるようになりたいと思いました。

534004_346773885378231_100001368684 台湾にはほかに客家語という方言があります。台湾に住んでいる客家人という民族が使う言語で、話者こそ少ないものの電車のアナウンスでも使われ、客家語のテレビチャンネルがあるなど台湾では台湾語に次いで主要な方言です。僕のチューターは客家人でした。僕はせっかくなので客家語の一つは覚えていこうと思い、教えてもらおうと思いましたが、彼は台北出身で客家語を使う機会が無かったために客家語はほとんど話せませんでした。
そんな中、僕達を教えている先生の中に客家人が2人いました。授業の中でたまに客家語について話したことがあり、僕は少し興味が湧いたので休憩時間にこの 中国語(挨拶、自分の名前)を客家語では何というのかを聞いたことがあります。
427932_346774472044839_1000013686_2 先生は快く教えてくれて、客家語に興味を持ってくれる人がいて嬉しそうな様 子でした。その後、何人かの客家人の友達に覚えた客家語を下手ながら使ってみたら、案の定喜んでくれました。僕も相手の客家人の友達が嬉しそうにしている のを見て、もう少し客家語が話せたらいいなと思いました。しかし、台湾人でさえ全ての方言を流暢に操れるわけではないので、中国語に加え台湾語と客家語の 両方を勉強して会話で苦労しないレベルまで持ってくるのはかなり無茶なことです。

それでも僕はせっかく台湾に行き、台湾の事が好きになったので台湾をもっと深く理解することの一つとして方言も勉強したいと思っております。日本に帰って からも僕は台湾語と客家語の勉強を続けており、いずれ台湾語をよく使う地域の台南や台中に行った時は台湾語で、客家人がたくさん住んでいる地域の新竹や苗 栗に行った時は客家語で交流出来るようになりたいと思っております。 
521885_346774872044799_100001368684 寮には香港やマカオの留学生も多く、彼らの母語である広東語も寮内でよく聞こえてきました。彼らは僕達と話す時は中国語を使いますが、香港人・マカオ人同士で話す時は勿論広東語です。僕は彼らと仲良くなった後、ジャッキー・チェンやチャウ・シンチーの映画が好きだったので時々広東語を教えてもらいました。しかし、発音が難しく挨拶するのが手いっぱいでした。それでも覚えた広東語で挨拶をしたら喜んでいました。元々僕は香港映画が好きだったので広東語をマスターしたいと思っており、今も広東語を勉強しています。

「その他日常生活等」
546722_346774498711503_100001368684 僕達の授業は月曜日から金曜日までで、土曜日と日曜日は授業がありません。平日ではお昼休みや放課後によく台湾人の学生とご飯を食べました。特に放課後は学食で食べることもありますが、日本語学科の友達や寮の友達と一緒に夜市に行ってご飯を食べたりもしました。休日にもよく友達に町を案内してもらい、家にも1回遊びに行ったことがあります。東呉大学の学生さんは日本好きな人が多く、日本にも詳しくて僕達は本当によくしてもらいました。さらに僕は台湾で誕生日を迎えましたが何とサプライズで祝ってくれて、本当に嬉しかったです。彼らと仲良くなり、一緒に中国語でおしゃべりしたり遊びに行ったりするうちに鍛えられて中国語も上達しましたので、もしこれを見ている人で留学に行きたい人がいましたら、留学先で現地の友達と仲良くなれば、語学も上達しますし一緒にいろいろ遊びに行けて楽しいので、是非とも積極的に現地の学生に話しかけて仲良くなって下さい。

「全体的な感想」
299987_234235769965377_100001368684 僕はこの台湾留学に参加して本当によかったと思っています。授業は少し難しい部分もありましたけど日本での中国語の授業とは一味違っていておもしろかったですし、先生も友達も本当に優しく接してくれました。食べ物も美味しく、高雄、九份、花蓮と言ったすばらしい観光名所にも行き、学校以外でも非常に充実していて、帰る直前にはもっと台湾にいたいという気持ちが強かったですし、帰国した現在でも台湾が非常に恋しいです。これから留学する方がいたならば、こういう風に思えるほど充実した留学生活を送れることを祈っています。読んでくれてありがとうございました。

74721_346774312044855_1000013686848 150171_346774545378165_100001368684 385654_346773908711562_100001368684 522473_346774355378184_100001368684 528839_346775092044777_100001368684 523871_346774772044809_1000013686_2
525572_346774982044788_1000013686_2 526775_346774118711541_1000013686_2 528874_346774818711471_100001368684 529692_334878666567753_100001368684 531430_346773835378236_100001368684 535559_346775068711446_100001368684 536009_346774062044880_100001368684 538926_346774918711461_100001368684 540339_346773948711558_100001368684 549405_346774235378196_100001368684 545594_346773818711571_100001368684 559435_346774405378179_100001368684 563140_346774662044820_100001368684 575121_346774272044859_100001368684 577161_346774438711509_100001368684 577478_346773855378234_100001368684 577712_346775032044783_100001368684 577934_346774722044814_100001368684 582016_346774018711551_100001368684

« 2012-4-30 教員紹介! 蔡雲凌先生 | トップページ | 2012-5-7 東呉大学留学体験 3年 高橋拓也 »

留学体験談(14)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012-5-3 東呉大学長期留学体験談 3年 石井新之介:

« 2012-4-30 教員紹介! 蔡雲凌先生 | トップページ | 2012-5-7 東呉大学留学体験 3年 高橋拓也 »