« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

2012-4-30 教員紹介! 蔡雲凌先生

3年の石井君が、北京出身の蔡雲凌先生にインタビューをしてくれました。もちろん、全て中国語でのインタビューです。

【3年 石井新之介】

561781_344255275630092_100001368684 仕事と言語について

石井:先生は拓殖大学に来る前はどこでお仕事をされていたのですか?
蔡:北京大学対外漢語教育学院で働いていました。

石井:先生はどうして中国語を教えるお仕事を選ばれたのですか?
蔡:中国語を教えることが好きだったからです。

石井:中国語を教える時に、一番注意しなければならないことは何ですか?
蔡:やはり学生の事を理解することですね。前にいた所は外国人ばかりでしたので彼らの国は勿論、彼らのレベル、中国語学習の目的、他は趣味とかですね。

石井:言語を教えることは難しいですか?
蔡:難しくはないです。言語を教えることは好きですし、違う教え方を違う学生にしていますから。

石井:日本語は難しいと思いますか?
蔡:難しいですね。日本語の語法と中国語の語法は違いますから。漢字を使っているので読むのはあまり難しくありませんが、言う方は難しいです。

拓殖大学について

石井:先生は拓殖大学にどんな印象がありますか?
蔡:環境がとてもいいですね。大部分の学生達はとても勉強を頑張っていますし、中国語
も上手です。

石井:拓殖大学の先生方の印象はどうですか?
蔡:とても熱心です。仕事も真面目ですし、学生たちに対してとても優しいですね。

石井:先生は今後、学生達とどのように交流していきたいですか?
蔡:学生のレベルがどのようであろうと、様々な方法で交流していきます。特にレベルが高くない学生とは授業の時に積極的に接していきたいですね。

日本について

石井:先生は拓殖大学に来る前に日本に来たことはありますか?
蔡:いいえ、今回初めて来ました。

石井:最初日本に来た時の印象はどうでしたか?
蔡:よかったです。生活も便利ですし、空気もいいです。それに日本食も好きですし。

石井:日本で一番行きたい所はどこですか?
蔡:京都です。

石井:それはなぜですか?
蔡;やはり、歴史と伝統文化があるからですね。

石井:日本食で好きなものはありますか?
蔡:刺身と納豆とお寿司が好きです。

石井:先生は日本のいい所はどのような所だと思いますか?
蔡:人々がみんな謙虚な所ですね。あと、挨拶をするときにとても礼儀正しい所です。

蔡先生について

石井:先生ご出身はどこですか?
蔡:北京です。

石井:北京以外の土地に住んだことはありますか?
蔡:いいえ。ずっと北京に住んでいました。

石井:元々先生になりたかったのですか?
蔡:小さいころからなりたかったんですよ。人に教えるのが好きでしたし。

石井:中国でどこかお勧めのスポットはありますか?
蔡:北京、西安、新疆、雲南、四川、チベットがお勧めですよ。

石井:先生は他の国に行ったことはありますか?
蔡:仕事で韓国、アメリカ、イタリア、スペインに行ったことがあります。旅行でもシンガポール、カンボジア、香港、マカオ、台湾に行ったことがあります。

石井:先生の今年の目標は何ですか?
蔡:自分が使う2つの教材でしっかりと中国語を教えていきたいです。

石井:それでは最後に学生の皆さんにメッセージをお願いします。
蔡:拓殖大学に来てみんなと知り合えてとても嬉しいです。しっかりとみんなの中国語の上達の手助けを出来るようになりたいです。

530176_344259628962990_1000013686_2
流暢な中国語でインタビューをしてくれた石井新之介君

2012年4月28日 (土)

2012-4-28 北方工業大学長期留学体験談 3年 金井康平

【3年 金井康平】

中国語学科3年の金井康平です。今回はこの場をかりて北京長期留学について書き込みました。僕は去年2011年8月6日~2012年3月19日まで北京へ長期留学へ行きました。
北京留学の魅力をいろいろ紹介したいと思います。
Photo_2 魅力1、他国留学生がたくさん! 
韓国人、モンゴル人、欧米人とさまざまな国の留学生がいるので中国語を通して韓国語、モンゴル語を教えてもらえたり、欧米人と会話すれば英語の勉強にもなる
仲良くなればごはんを食べに言ったり、買い物に行ったり、夜一緒にお酒を飲みに行ったりもできる!

魅力2、留学生参加のイベントがたくさん!
万里の長城、留学生陶器大会、中国武術鑑賞、クリスマスパーティなど、さまざまなイベントがたくさん!万里の長城や中国武術鑑賞は学校が用意してくれたイベントですが、
クリスマスパーティは出し物から進行まですべては留学生が担当! ちなみに僕は司会をやりました。 
Photo_3 魅力3 連休には旅行にも行ける!
長期留学中にある大型連休は2つ ひとつは国慶節、もうひとつは春節 だから友達をさそって早めに予約して旅行へGO!中国の人口は多いから大型連休になると
なかなかチケットがとれません(>_<) 行くなら早目の予約が肝心です。 僕は国慶節に青島へ、春節は上海へ行きました。
魅力4、留学生への特典がいろいろ
北方工業大学では頑張っている留学生に奨学金を与えます。奨学金が欲しければ最低限授業を欠席しないように。また、誕生日の日には学校からケーキ1ホールが贈られます。
かなりの大きさです。また拓殖大学と北方工業大学との提携の歴史は20年以上(もしかしたらもっと長いかも・・・)だからここだけの話・・・
拓大生への待遇がハンパないです。教科書代もタダ、先生が僕たちを家に呼んでくれたり、一緒にご飯を食べに行ったり etc...
2 大きな魅力はこんな感じです。
北京は日本とくらべて半端なく物価が安いです。出かければ安いものから珍味から驚きの嵐・・・ 季節は夏は乾燥していて暑く、冬はカサカサブルブルです。冬は本当に
寒かったです。防寒対策はしっかりすることをオススメします。北京の寒さにはさすがに参りました(+_+) ですが、総合的にも北京は世界的にも長い歴史を持つ古都で
風情があります。留学にチャレンジしたい人はぜひ検討してみてください。 

以上です。 
21_2 Photo_6 Photo_7 Photo_8 484560_381168201908096_100000447598

動画もあるので見てください!
http://www.facebook.com/photo.php?v=389684547723128
http://www.facebook.com/photo.php?v=389697087721874
http://www.facebook.com/photo.php?v=390328254325424 


2010-04-28 中国研究会の紹介

【3年 太田晃平】


 新入生は入学して1ヵ月が過ぎようとしています。

学校にも慣れ、どのサークルに入ろうか迷っているころだと思います。

今回は中国語学科の先輩方も数多く所属している、

中国研究会会長の小林渓吾(中国語学科3年)君にインタビューしてきました。



 サークルの紹介

 中国研究会(中研)は、普段会室で遊んだり、とても仲が良いサークルです。

しかし遊んでいるばかりではなく、行事シーズンとなれば1人1人が全力で取り組み、

目立たない人がいない全員が主役のサークルです!



 私が中研を選んだ理由

 当時4年生の先輩に「中研の面白さは所属しないと分からない!」と言われ

半信半疑で入ったのがきっかけです!

今となっては、あの一言が無かったら大学生活が180゜変わっていたかもしれません!



 新入生へメッセージ

 私たち中研一同は新たな会員を毎日募集しています!

新入生1人1人の個性を理解し、全員が楽しく参加できるサークルにすることを目標にしています!

中国に興味がある人もない人も毎週金曜日に会室にいるので、是非遊びに来てください♪


Dscf4410

                      会長の小林渓吾君

2012年4月22日 (日)

2012-04-22 日台交流in浅草

【3年 八野嶺太】

4月21日に、中国語学科3年留学経験者8人、台湾東呉大学交換留学生6人、本科生の台湾の留学生1人  というメンバーで、浅草に行ってきました。
日本語と中国語の両方による交流でした。

 

540560_338932176162402_1000013686_3

高尾から浅草までの電車は楽しかった!
座席には座れなく、ほとんどの人が立っていましたが、留学生と話しながらの電車はあっという間でした。

292122_338932296162390_1000013686_3

雷門の前で記念写真!

580385_338932262829060_1000013686_3

外国人観光客に英語で話しかけられ、とても流暢に対応していた王さん。
さすが香港出身!!

549450_338932816162338_1000013686_2

みんなでおみくじを引きました。
大吉を引いた人もいたようです!

74749_338932592829027_10000136868_2

揚げまんじゅう美味しそう!
留学生達は日本の食べ物は何でも食べます

535113_338932772829009_1000013686_2
中国人観光客がいたので、中国語で話しかけ記念写真を撮ってもらいました。
四川から来た観光客でした。

580802_338932946162325_1000013686_2

スカイツリーに感動しすぐに写真を撮った留学生達

536444_338932982828988_1000013686_3

スカイツリーをバックに記念写真

531169_338933072828979_1000013686_2

台湾の人気映画「那些年.我們一起追的女孩」のジャケット写真っぽく撮ってみました(笑)

528711_338933122828974_1000013686_2

美味しそうなたこ焼き屋があったので、3箱買いみんなで分けて食べました。
本科生の留学生が、「美味しいけど、やっぱり銀だこの方が美味しい」と言っていました。

529907_338933166162303_1000013686_2

結局、銀だこにも行きました(笑)
みんな大満足の味でした

533451_338933312828955_1000013686_2

夜は八王子に戻り、さらに3人が合流し居酒屋に行きました。
乾杯をするとき、台湾人は台湾語で「ホッダーラ」と言います。


154488_338933256162294_1000013686_8 524418_338932526162367_1000013686_2 526080_338932476162372_1000013686_2 533953_338932722829014_100001368684 540576_338932666162353_100001368684 541229_338933366162283_1000013686_2 554270_338933199495633_100001368684 554468_338932442829042_1000013686_2 556196_338932889495664_1000013686_2 561293_338932349495718_100001368684

楽しい1日でした!

これからも留学生と交流する機会を増やしていきます!

 

 

 

 

2012年4月19日 (木)

2012-04-19 国際交流愛好会留学生紹介

【3年 八野嶺太】

私が参加している国際交流愛好会の中国語圏の留学生を4人紹介します!

554323_346816098707343_1000013686_2 中国 李若愚さん 国際学部2年

李さんは中国天津出身のとても真面目な留学生です。中国語で話かけるととても楽しそうに交流してくれます。
天津外国語大学の日本語学科に通っていましたが、今年から拓大の国際学部に編入しました。やはり、日本での大学生活を通して生の中国語に触れてみたかったのだそうです。日本語に興味を持ったきっかけは日本のアニメやドラマに興味があり、何を話しているかを理解したく日本語の勉強を始めたそう。
天津は大都市ではないけど、甘栗で有名だよ! と話す李さん。日本大好きで、
毎日の生活が楽しいようです。
日本に来たばかりで不安が多いそうですが、国際交流愛好会に入り日本の友達がたくさんでき、だんだんと不安がなくなっていったそうです。
中国に留学したい人はぜひ彼に話しかけてみてください!

534948_337330749655878_100001368684 台湾 陳家俐さん 商学部経営学科2年

台湾台南出身の陳さんは、とても明るく活発な留学生です。国際交流愛好会の中で、最も積極的にサークルに参加している留学生です。
家では台湾語、台湾の友達とは中国語を話すという陳さん。高校まで特に目標はなく、ある日父から「日本に行ってみないか?」と言われ、日本留学を目指したそうです。というのも、陳さん自身、日本の経済は世界をリードしていて、日本人の接客レベルはとても高い、と日本に憧れを持っていたそう。将来日本のホテルの仕事に就きたいと熱く夢を語ってくれました。拓大では、その精神、知識を
商学部で学んでいるそうです。
台湾に留学したい人はぜひ彼女に話しかけてみてください!

577740_337330702989216_100001368684 香港 王敬裕さん 台湾東呉大学3年(セメスター受託留学生)

香港では、日常生活から新聞ニュースまでほとんど広東語が使われています。普通话はあまり使わず、むしろ英語の方が使われているそう。
それでも流暢に普通话を話す王さん。香港の学校では普通话の授業もあり、中国との関係上、必ず話せなくてはいけないそうです。
王さんは台湾の大学に通っており、日本語を専攻し、副専攻ではドイツ語を勉強しています。さらに日本に留学に来てるなんてかっこいい! たくさんの言語が話せる特技を活かし、将来は世界各国を旅したいそうです。
そして、旅行者が集まる喫茶店を開き、お客さんと旅の経験を語り合いたいというのが彼の夢です。
広東語の授業をとっている人はぜひ彼に話しかけてみてください!

155003_483717618176_664568176_590_2 マレーシア チャイジャハンさん 工学部デザイン学科4年

マレーシア国民の約30%は華人系民族であり、日常的に中国語を話します。
チャイさんは、家族とは広東語で話し、華人系の人とは普通话(マレーシアでは華語と呼ぶ)、他の民族とは公用語のマレー語、さらにマレーシアでは英語も広く使われており、パソコンなどでは英語を使います。
そんなマルチリンガルな環境で育ったチャイさんは、デザインを勉強しに来日しました。
日本はアジアで最もおしゃれな国だと思うよ、韓国も段々人気が上がってきてるけど、日本が1番! と話すチャイさん。
なるほど!確かに彼は、ある雑誌のキャンパススナップに載るほどのおしゃれな留学生。サークル内でも人気があります。
中国語以外にも、英語やマレー語を勉強してる人はぜひ彼に話しかけてください!
きっとどの言語でも流暢に返してくれるでしょう。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »